診療案内

診療内容

 

一般診療

受診のしやすさ、相談のしやすさ、感染対策を重視しています。医師に直接相談しにくいことは、院内スタッフにお声がけください。当院では、発熱で受診される方の入口、待合室、診察室は独立しており、予防接種・健診室も独立しています。また、待合室の人数制限により、コロナウイルス感染症をはじめとする感染症の感染機会低減に努めています。このため、待ち時間が長くなる等のご不便をおかけしております。予約制ではありませんので、コロナウイルス感染を疑われる方以外は、診察時間内に予約なしでご来院ください。熱のある方は待合に入らず、付き添いの方のみ受付においで下さるようにお願い申し上げます。なお、「発達とこころの外来」は、十分な診察時間が必要ですので、別途ご予約いただいています。

乳幼児健診

健診は病気のあるなしだけでなく、お子さまの健康と育児、環境について、医師、看護師、保護者の皆様とで一緒に考えることのできる大切な機会です。当院では定期健診以外に、1か月健診、2か月健診、1才健診等、ご家族のタイミングでご相談がいただけるように、任意の健診も承ります。特に、予防接種の計画と先天性疾患の早期発見、育児の相談を考え、1か月健診の受診をお勧めします。十分な時間をとるため、完全予約制としていますので、お電話にてご予約ください。乳幼児健診と予防接種は、入り口、待合室、診察室を一般外来とわけ、健診・予防接種室での診察となります。

完全予約制です。ご予約、お問い合わせは電話で承っております。
電話番号:022-345-0738 022-345-0738

予防接種

ご家族の都合のつく時間帯での予防接種が可能となるように、一部、国による出荷制限中のワクチン(→予防接種個別ページへ)を除き、ほとんどのワクチンは予約なしで打つことができます。ご都合のよい時間にご来院下さい。適切なタイミングを逃さないこと、生まれて2か月から、お母様からの抗体の効力がきれはじめる生後6か月までに接種を終わらせることが大切です。乳幼児健診と合わせ、お子さまを予防できる感染症から守るために、一緒に計画を立ててまいりましょう。

詳しくは→こちら

発達とこころの外来(児童外来)

こどもの健康には、身体(からだ)、こころ(精神)、社会との関係性の3つの要素が大切です(さらにspiritualな健康も大切とされていますがここでは取り上げません)。とくにこどもの場合には、こころの不調や、学校やご家庭などの社会との関係性の不調も、頭痛や腹痛となってあらわれます。肺炎になったり、お腹を壊したりしたときのように、この薬をのめば治るという場合ばかりではありませんが、当院も、ご家族、学校や保健師さんなどの周囲の大人と一緒に、お子さまの健康を支える一員であろうと考えています。発達とこころの外来は、完全予約制です。お電話でご予約ください。

電話番号:022-345-0738 022-345-0738